小松市 M様邸 連続受賞事例

先代の想いを継承する高性能古民家
日本住宅リフォーム産業協会デザインコンテスト第20回全国大会(2012) 長期優良住宅特別賞
日本住宅リフォーム産業協会デザインコンテスト第20回中部北陸支部(2012) 審査員奨励賞
TOTOリモデルスマイル作品コンテスト2011 機能向上プランニング 優秀賞
トップ画像
相談会の申し込みはこちらから


リフォーム前

リフォーム前見取り図

リフォーム後

リフォーム後見取り図

リフォーム前のお施主様の悩み・ご要望

  • 祖祖父が建てた築70年の古民家。
    祖祖父が「オイ」と呼ばれる広間の井桁状に組んだ吹き抜けを誇らしげに眺めていた。
    先代の想いを大切に受け継ぎたい。
  • 耐震や省エネに配慮し、リフォームしたい。
  • 冬は寒いので、冬でも快適に過ごせる住まいにしたい。



外観

リフォーム前

リフォーム後


玄関の位置を変え、玄関ポーチを設けました。憧れの北山杉(台杉)で新しい我が家を演出しました。


玄関

リフォーム前

リフォーム後


玄関戸にはステンドグラスをあしらいました。



玄関ホール。
デザインガラスが目をひく、
吹き抜けの畳ホールとしました。



玄関ホールのデザインガラスの窓。パッと目をひく、玄関ホールのアクセントとなっています。


リビングダイニング

リフォーム前


リフォーム後


リビングは南側に設け、優しい光が差し込む明るい空間になりました。
通し梁の上部には明かり採りの欄間をデザインしました。床には足触りの優しい、桐の無垢フロアーを使用しました。



ダイニングスペース。
桜の無垢材でテーブルを造作しました。



リビング~和室間の建具には太鼓張り障子を使いました。両面から紙を貼ることにより、障子の断熱性を高める効果があり、また光も通すので、明るさも確保できます。


トイレ

リフォーム後


壁の赤色でアクセントをつけました。
個性を出しながらも、木材との相性もよく、レトロモダンな雰囲気に仕上がりました。手摺りには流木を使っています。



トイレ横の手洗いスペース。
トイレの建具でレトロモダンを演出しました。


和室(仏間)

リフォーム前

リフォーム後


手前和室の縁側部分は畳コーナーとしました。


子供部屋

リフォーム前

リフォーム後


トップライトで明るい空間となりました。収納力のあるウォークインクローゼットも隣接しています。




解決方法・工夫点

  • 石川県の当時の古民家は「オイ」と呼ばれる広間、もしくは玄関土間部分に吹き抜けを設け、天井の梁組を井桁状に組んで空間を演出する風習がありました。先代の想いを受け継ぎ、地域の建築文化を新しい形で継承するリフォームをテーマとしました。
  • 離れ、蔵との縁を切り、建坪を18.5坪減築しました。長期優良住宅先導的モデル事業を採用し、耐震・省エネ・断熱性能を新築と同基準に向上させ、高性能古民家としました。
  • 吹き抜けを活かしたい、南側にリビングがほしいというご希望に添い、冷暖房効果と玄関を開けた時の意匠をイメージし、広間の大きな吹き抜け部を玄関ホールとしました。また明るい光がはいるよう南側にリビングを設けました。
  • 洋風の意匠にしたいとのご要望にこたえ、ステンドグラスやデザインガラスをふんだんに使い、古民家にレトロモダンなイメージを調和させました。

お施主様の感想

お施主様の写真

生活スタイルの変化

明るく、広々としたリビングで家族一緒に過ごす時間が増えました。
東京にいた娘もこのリフォームを機に帰郷し、家がとてもにぎやかになりました。


リモデルしてスマイルになったこと

大胆な間取りの提案には驚きましたが、先代の思い入れの梁や柱を更に活かし、新しくも心地よい家になり、感謝しています。
特に玄関はおもてなしできる空間となり、とても気に入っています。
あこがれの南側リビングでは猫とほっこり過したり、また家族皆がほど良い距離感でコミュニケーションがとれるようになり、とっても幸せです。



連続受賞事例一覧はこちら
おうちまるごとリフォーム事例一覧はこちら
二世代同居型リフォーム事例一覧はこちら
古民家再生リフォーム事例一覧はこちら
施工事例一覧はこちら


喜多ハウジング 石川県
親孝行
リフォーム
喜多ハウジング 石川県